夜泣き 原因 対策

夜泣きの原因と対策

赤ちゃんの夜泣き、仕方が無いとはいえ
お母さんにとってはつらいですよね。

 

 

このサイトでは

 

・赤ちゃんの夜泣きの主な原因
・夜泣きの対策
・その他夜泣きに関する豆知識

 

について解説しています。

 

 

赤ちゃんが泣くのには
それなりの原因があります。

 

 

言葉がでないのですから
赤ちゃんなりに必死だったりします。

 

 

それを少しでもわかってあげる気持ちで
夜泣きにも接してあげるといいと思います。

 

 

このサイトが少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

赤ちゃんはなぜ夜泣きをするのか?

 

赤ちゃんの夜泣きの原因は
主に睡眠サイクルが狂うことのストレスであると
言わてています。

 

 

要するに昼寝過ぎたりして
夜起きてしまうということですね。

 

 

そもそも赤ちゃんは12,3時間も寝たりするのですが
それでもやはり寝過ぎてしまうと
どうしても夜に目が覚めてしまうことがあるんですね。

 

 

赤ちゃんの夜泣きはだいたい3ヶ月頃からはじまって
一歳半ぐらいには収まるといわれています。

 

ただ、まれに2歳ぐらいまで続いてしまう
赤ちゃんもいるみたいですね。

 

お母さんにとってはこの7,8ヶ月がとても大変です。

 

 

どうしたら夜泣きを止めることができるのか?

 

 

これはある意味試練のようなもので
完全な対策はないのですが
それでも睡眠のリズムを整えて上げれば
少しは夜泣きをする確率は下がります。

 

 

例えば
毎日朝同じ時間に起こしてあげたり
昼寝は長く取り過ぎないなど。

 

 

朝はタップリと太陽光を当てて起こすようにして
夜は8時ぐらいになったら部屋を暗くして
生物の本能をうまくつかって
リズムを整えてあげましょう。

 

 

お父さんも強力して
赤ちゃんの夜泣きの時期は
お母さんと協力して乗り切りましょう。