4歳 夜泣き 原因

4歳の子が夜泣きする原因


4歳の夜泣きの原因、対策などについて詳しく解説していきます。

 

子育てをする上で、お母さんが負担に感じることの一つに夜泣きがあります。
夜泣きと言うと、生まれて数か月の赤ちゃんがするものと思われますが、4歳ぐらいの幼児にも起こりうることです。
新生児ではなく、幼児が夜に泣いて起きてしまう原因としては赤ちゃん返りが考えられます。
赤ちゃん返りとは、弟や妹ができた時にお母さんを取られてしまうと感じた幼児が赤ちゃんのような行動をするようになることです。
このような事が原因の場合、下の子が寝ている間などにしっかりと親子の時間を作ってあげることで改善することがあります。
絵本を読んであげたり、いろいろな話をしてみたり、抱きしめてあげるなど簡単なコミュニケーションをとることが幼児の心の安定につながります。
心が安定すると、次第に夜泣きは減っていきゆっくりと朝まで眠ることができるようになってきます。


スポンサーリンク


また、幼児の夜泣きの原因には日中の刺激が強すぎた場合も考えられます。
いつもと違う場所にいったり、知らない人にたくさん出会ったりと普段と違う行動をしたときに起こりやすくなります。
大人ですと普段より活発に活動した日は疲れてぐっすりと眠ることができますが、幼児の場合うまく睡眠がとれない状態になることがあります。
このようなことが原因の場合、対処は難しいのですが今日はいつもと違う行動をしたから夜泣きをしているのだという事が分かっていると、お母さんは心にゆとりをもって対応することができます。
子供とは不思議なもので、お母さんの心に余裕があるとすぐに泣き止むことが多いです。
ですので、子供が泣いたからと言って慌てずにゆとりをもって対応することを心がけましょう。
原因は違ってもお母さんの愛情を優しく伝えることで解決していく問題です。


スポンサーリンク