4歳 夜泣き 赤ちゃん返り

4歳児の夜泣きや赤ちゃん返り


4歳の夜泣きと赤ちゃん返りの関係について解説しています。

 

4歳になると、幼稚園や保育園に入っている子も多いです。
初めての集団生活を体験をしていろいろな成長が見られます。
しかし、下の子がいる場合はまだ下の子の世話が手がかかるので、上の子のお世話が後回しになる傾向があります。
それはどうしても、優先順位があるので、仕方がないです。
しかし、4歳の子であれば、ある程度お話をすれば、理解できるので、少し我慢をさせてしまう事もあります。
しかしながら、毎回毎回我慢をさせてしまえば、かまって欲しいのでお父さんやお母さんに甘えた行動をします。
これが赤ちゃん返りです。
下の子が生まれる前や生まれた後に見られる行動です。
4歳といえば、まだまだ甘えたい時期です。
下の子のお世話に手がかかり、ほったらかしという家庭も多いです。
しかし、上手に4歳の子のお世話をする事で、赤ちゃん返りがなくなるので、適度に相手をしてあげるといいです。


スポンサーリンク


また赤ちゃん返りだけではなく、夜泣きをするケースがあります。
お母さんは下の子を出産をする時は必ず病院で入院する必要があります。
なので、お母さんのいない暮らしをする事になります。
そういった環境の変化をきっかけに夜泣きがはじまることもあります。
そして出産後すぐにお母さんの体も回復をしていないので、4歳児の思うように遊んでもらうことも制限されてしまいます。
夜泣きはこういった環境の変化で起こりえるので要注意です。
そして短時間でも、お母さんと一緒に遊んでもらったりするだけで、夜泣きをなくす事もできます。
また生活リズムをあまり崩さないことで回避する事もできますので、周りの協力のもと、赤ちゃんばかり目をいくのではなく、上の子のお世話も大切です。
そして夜泣きや赤ちゃん返りは成長とともに次第に減っていくので、試行錯誤しながら、対処していくといいです。


スポンサーリンク