9ヶ月 夜泣き 原因

9ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因について


9ヶ月の赤ちゃんの夜泣きの原因について解説します。

 

9ヶ月くらいになると、赤ちゃんの夜泣きがピークになることがあります。
原因としては生活リズムができていくうえで寝るかどうかわからずにどうしていいか泣くという精神的なものがあります。
そして、寝たいのに寝ることができないから泣いてしまうということもあります。
特に、9ヶ月ごろは生活リズムが未熟であるため、浅い眠りで目が覚めてしまい泣いてしまうということがあります。
そして、知能も発達してきておりさまざまな体験をしていますので、その体験が夢となって夜出てきて泣いてしまうということもあります。
昼間の体験や寝る前の経験が刺激や不安となって夜起きてしまって泣いてしまうことも考えられます。
ですので、9ヶ月ごろの赤ちゃんの夜泣きの原因としては様々なことが考えられるのですが、成長の過程の一環とも言うことができます。


スポンサーリンク


9ヶ月頃の赤ちゃんの夜泣きの対処としては、まずは生活リズムを整えることが有効です。
夜は早めに寝かせることがもちろん必要ですが、そのためには夜の寝貸付だけではなく、朝早く起こすことが重要です。
太陽の光を浴びて朝であるということをしっかりと認識させることが効果的です。
離乳食も3回食になり大変ですが、朝にはきちんと朝ごはんを決まった時間にあげるようにすると、リズムも整います。
そして、つかまり立ちなどをする赤ちゃんには、たくさんの運動をさせるような環境を整えることが必要です。
昼寝は15時くらいまでは機嫌が悪くても切り上げます。
さらに、不機嫌で夜泣きをしてしまうこともあるので、親が精神的に安定して子育てをすることも大切です。
就寝中は、音などで刺激しないようにします。
そして、テレビやスマートフォンなど視覚的な刺激にも注意します。


スポンサーリンク