一歳 夜泣き 原因

一歳の夜泣き対策について


一歳の赤ちゃんの夜泣き対策についての詳しい解説です。

 

一歳の子供の夜泣きは様々な原因が挙げられています。
精神的に落ち着かないことや栄養素やミネラルの不足など、漠然としたことが多く何をどうしたら良いのかわかりません。
一番の対策は一歳児が好きなことを見つけてあげることです。
ビニール袋をカサカサとする不快な音もお母さんの胎内で聞く音に似ています。
ポコポコとコーヒーをサイフォンで落とすような音も母体内で聞いた音に似ています。
出産前に歌っていた歌や優しいクラシック音楽が好きだったり、大好きという言葉と抱っこが好きな子もいます。
ゆりかごやハンモック、ガラガラとなるおもちゃやお鍋のふたがカタカタするのが好きな子もいます。
1歳児でもすでに好みがあり、楽しいことをもっとしたいという要求をもっています。
大人同様に楽しい気持ちで満たしてあげることで、夜泣きの頻度が減ってきます。


スポンサーリンク


今盛んに言われていることとして、一歳の夜泣きは母親の心のバロメーターというのあります。
一緒にいたいのにお仕事で離れて申し訳ない気持ちがあれば、夜泣きすることで母親は子供にくっついていられます。
泣かない対策をとる前に母親の希望通りに一歳児が泣いてあげているとも取れます。
また、運動量が足りない子供は泣くことが運動やストレスの解消になります。
日中の話しかけや物を目で追いかけるといった脳の運動によって、昼夜のリズムが整うこともあります。
忘れてはいけない大切なこととして、空腹や排泄コントロールやおむつの不快も解消しておく必要があります。
実際に母子分離で行われた対策で、父親や母親の読み聞かせを録画や録音しておいて使うことがありました。
疲れていたり、豆電球の暗がりで本が読めない場合にも有効です。
一歳の夜泣きは母親を責める傾向がありますが、講じることができる対策が沢山あります。
できることがなくて途方に暮れてしまう前に、ぜひ試してみてください。


スポンサーリンク