子供の夜泣き いつまで

いつまで子供の夜泣きが続くのか?


子供の夜泣きはいつまで続くのでしょうか?
ここでは対策などについて解説します。

 

 夜泣きとは赤ちゃんや子供が夜中に泣き出すという現象で、多くの子供に起きる現象です。
子供によって頻度や激しさは違うものの、毎晩のように起きると親も大変だったります。
 夜泣きが起きる原因は今のところ明確にはなっていないですが、有力な説はいくつかあります。
その一つ目が睡眠サイクルの狂いで、普段の睡眠サイクルがバラバラだと起こりやすいという説です。
例えば昼寝をし過ぎてしまったり、逆に全くしない日があったりすると、それだけで睡眠サイクルが狂うのです。
 二つ目の説としては、外部からの強い刺激やストレスが影響を及ぼすという考えがあります。
起きている時に何等かの刺激やストレスを受けていると、夜に深く眠れなくなって、その結果として夜泣きをしてしまうというものです。
 普段からこれらの事に注意をしてみるのも、夜泣きを減らす一つの手段だと言えます。


スポンサーリンク


 次に子供の夜泣きがいつから始まって、いつまで続くのかについてですが、これは個人差があります。
まず始まる次期ですが、これは早い子だと生後3ヶ月頃から始まるというケースもあります。
多くの赤ちゃんは、生後8ヶ月頃には夜泣きが始まっている場合が多いと言われています。
 夜泣きがいつまで続くのかについては、始まる時期以上に個人差が大きくなります。
早い子だと1歳半くらいで終わる子もいますし、5歳くらいまで続く子もめずらしくはないです。
そのため他の子と比べて多少長く続いたとしても、あまり心配をし過ぎない事も大切だと言えます。
ただ小学校に上がっても続く場合等は、病院に相談してみるのも良いです。
 夜泣きを減らすためのポイントとして、まず一つ目に毎朝同じ時間に起こしてあげる事があります。
起床時間が同じになる事で生活リズムが整い、睡眠リズムが整う事にも繋がります。
 二つ目としては子供の体を温めてあげる事も大切で、昼間に体が冷えていると夜泣きをする確率が高くなります。
特に夏場は冷房等で体が冷えやすいので、飲み物を与える時は常温にする等の工夫をするのが良いです。


スポンサーリンク