中耳炎 幼児 夜泣き

幼児の中耳炎は夜泣きをする事もある


中耳炎と幼児が夜泣きする関係について解説します。

 

幼児の夜泣きには原因が沢山あります。
0才から1才までの赤ちゃんが夜泣きをする原因はお腹がすく事や、オムツの汚れの不愉快さが原因やお母さんのぬくもりがほしく泣くこともあるでしょう。
1才を過ぎた幼児は、すこしずつおしゃべりができるようになり、原因を口にだす事もあるでしょうし、3才を過ぎると、怖い事を思い出して夜泣きをしたりする事もあるでしょう。
時には熱がでて、苦しかったりお腹が痛かったり。
 風邪をこじらせて、中耳炎になり痛みを伴い、夜も痛みで夜泣きをする事もあるでしょう。
幼児の中耳炎は風邪を引くとなりやいと言われています。
何故なら、鼻水がでていると、そこから耳に細菌が侵入して炎症が起きやすくなるようです。
その原因は、耳管が未発達で長さがないからのようです。

 

急性中耳炎にかかってしまう事が多いよです。


スポンサーリンク


その為、痛みがでてきて夜泣きをする事もでる事も考えられます。
急性中耳炎から滲出性中耳炎になる幼児も沢山いるようで、薬で治療しても治らずひどい場合は切開手術になる事もあるようです。
鼻かぜを引いた時には、しっかり鼻水をだす為に強く鼻をかんでしまいがちになります。
大人も子どももそうですよね。
強くかまざずに、片方ずつゆっくりとかむ事や、しっかりと休養を取るなど、そいった事を注意する事も、悪化させない為の工夫でしょうか。
しかしながら、幼児は少しでも元気であれば、薬を飲まなくなったりして、治りが遅くなり中々難しい事もあります。
赤ちゃんは不愉快を泣く事でしか訴えられないので、大人が早く気付いて対処してあげる事で、母乳やミルクを飲めるようになり、泣く回数も減るかもしれません。

 

病気にならずに、ゆっくり寝る事ができるような日々が遅れたら一番だと考えます。


スポンサーリンク