乳児 夜泣き いつから

乳児の夜泣きはいつから始まるのか?


乳児の夜泣きはいつから始まるのか?
このことについて解説していきます。

 

乳児には泣くのが仕事ですし、夜泣きも当たり前のことです。
いつから夜泣きが始まるのかは赤ちゃんの性格や特性によって変わってきます。
夜ぐっすり眠る子もいますし、ひっきりなしに泣いている子もいます。
泣くのが仕事ですから、おっぱいを吸わせたり抱っこをしたりしてあやしましょう。
泣き方があまりにも異常な場合は病気が潜んでいる可能性もありますから、医師に相談しても良いかもしれません。
乳児がなくのには理由があります。
お腹が空いた、うんちが出ない、甘えたい、抱っこされたい、眠いのに眠れない、おむつが気持ち悪い、ゲップが出ないなどいろいろな理由が隠されています。
泣き方によっても何を訴えているのかが分かってくることもありますから、よく赤ちゃんを観察しましょう。
いつまでも成長するにつれて回数も減ってくるので安心してください。


スポンサーリンク


育児でストレスを感じてしまう要因のひとつに夜泣きがあります。
夜だけならまだしも日中でも抱っこをしていないと泣くという赤ちゃんもいます。
お母さんは赤ちゃんにつきっきりになりますから、家事もおろそかになってしまいそれが溜まってうつ状態になってしまうひともいるのです。
家族の協力を得ることが出来れば良いのですが、一人で育児と家事をすべて行わなければならないひともたくさんいます。
仕事も行っている働くお母さんもたくさんいることでしょう。
夜泣きがひどすぎると自分が寝れないですしストレスも溜まってしまい、爆発してしまう恐れもありますから、たまには息を抜くことも大切です。
赤ちゃんは泣くのがあたり前ですから、あまり気を張らないようにした方が良いでしょう。
しばらく思いっきり泣かせてみたら赤ちゃんも疲れて眠ってしまうこともあります。


スポンサーリンク