幼児 夜泣き 暴れる

幼児が夜泣きによって暴れる現象について


幼児が夜泣きで暴れてしまうことについて対策と原因の解説をします。

 

1歳から3歳前後の幼児になると自分一人でも眠れるようになり、母親の負担も少しは軽くなっていくことがあります。
しかし時には夜泣きをしてしまって暴れるといった症状が発症することがありますが、この現象について原因はどうなっているか調べていきます。
これは夜驚症と呼ばれている幼児特有の症状となっており、主に怖い夢を見ている時に夜泣きや暴れるといった行動を起こすことがあります。
一見すると病気のように見えますが、これは子供に良く起こる一種の生理現象のようなものとなっています。
そのため特に治療法がないのが特徴となっており、小児科などを受診しても薬などを処方してもらえないことが多いです。
また睡眠中にゆさぶったりすると逆効果になるので、基本的に何もしないで放置しておくのが良いです。
一見すると病気のように見えますが、実は夜驚症という幼児特有の生理現象となっています。


スポンサーリンク


 幼児が夜突然夜泣きをしたり暴れるといった症状として、夜驚症という怖い夢を見ている状態になってしまうことがあります。
具体的な治療法がないのが特徴となりますが、この症状が発症しやすい傾向についてはいくつかあります。
一般的に人見知りをする子や神経質な子ほど、この夜驚症という症状を発症しやすい傾向があります。
それ以外の原因や要素として生まれつきの脳の作りが関係しているため、ある意味どの子供でも発症することがあります。
特徴として眠ったまま泣いているような状態であり、とても大きな声で夜泣きをすることが多いです。
そのため保護者はすぐに目を覚まさせようとすることが多いですが、これについては逆効果となってしまいます。
治療が必要な病気ではないため、時間が経過すれば自然に症状が治まるのが一つの特徴となっています。


スポンサーリンク