2歳 夜泣き イヤイヤ叫ぶ

2歳児のイヤイヤ叫ぶ夜泣き


新生児の夜泣きと違って、2歳児の夜泣きは少し違ってきます。
2歳といえばイヤイヤ時期です。
どの家庭でも魔の二歳児として一度は子育てで思うようにいかない時期です。
2歳児はいろいろな事ができるようになります。
そして、多くのやりたいという気持ちが芽生え始める時期です。
そして感情と行動が一致できず、かんしゃくをおこすという事もあります。
楽しいことや、嬉しいことや悲しい気持ちや怖い気持ちなども増えてきます。
そしてその分、夜になって眠っている中で怖い夢をみている感じになります。
そしてイヤイヤ叫ぶことがあります。
パニックしている状態です。
なので、お父さんやお母さんはどこが具合が悪いのかと考えてしまいますが、違います。
何かしらの原因があるので、夜泣きをするご家庭であれば、一度子育てや環境を振り見る事が必要です。


スポンサーリンク


原因はいくつかあります。
一つ目は子供の面倒を見ず、ほったらかしの場合です。
機嫌がいいのであればいろいろな家事をすませたいですが、一緒に遊んであげることも必要です。
そして新生児の頃から、明るい部屋で寝ているご家庭の場合も注意です。
体内時計がくるってしまい、興奮状態が続いている事が考えられます。
また昼間に体を動かして遊ばせることも重要です。
そうする事で夜はしっかりと寝てくれます。
また腸重積の疑いもあるので、夜泣きと決めず、泣いたり静かにしているのであれば要注意です。
対処方法は規則正しい生活をする事です。
決まった時間に起きて決まった時間に電気を消して寝ることです。
またに中は少し体を動かしてみて、子供と遊ぶことです。
そうすることで情緒も安定していき、生活スタイルも改善されるので、もし夜泣きに悩んでいるのであれば、改善してみるといいです。


スポンサーリンク