2歳 夜泣き ひどい

2歳の夜泣きがひどい場合の対処法について


2歳での夜泣きがひどい場合の対策について詳しく解説しています。

 

夜泣きは、生まれて数か月後の赤ちゃんからよくみられており、たいていの場合は1歳半くらいでおさまってしまうことが多いです。
そのため、2歳まで夜泣きが続くと心配する親がいたり、夜親も安眠できないため睡眠不足により親が披露してしまうなどいろいろな問題点があります。
ひどい夜泣きの原因としては、様々なことが考えられます。
まずは、寝る時の環境についてです。
寝る時にテレビがついていたりすると、その刺激で寝られなくなってその分就寝中に分泌されるホルモンがうまく出なくなることが考えられます。
さらには、前頭葉などの脳の発達がうまくいっていなくて泣くべきかどうかの判断ができないということもあります。
生活リズムが整っていないため、脳が寝るべきか泣くべきかどうかわからず、泣いてしまうという場合もあるなどさまざまな原因があります。


スポンサーリンク


酷い夜泣きの対処としては、まずは生活リズムを整えることが必要です。
夜早く寝かせることはむつかしい場合がありますので、まずは朝早く起こすところから始めます。
朝早く起こして多少睡眠時間が短くなったとしても、まずは7時ごろまでには起こしておきます。
日中はなるべく外に出てたくさん運動をするようにします。
お昼寝も行っても良いのですが15時くらいまでには機嫌が悪くても起こすようにします。
そして、食べ物も消化して良く寝るようにするために、食事はしっかりとってできれば腹持ちの良いご飯食にします。
そして夜寝る環境としては、刺激を少なくするよう努力します。
テレビやスマートフォンなどが刺激にならないように部屋では控えます。
親がいなくて不安で泣くという場合もありますので、親は寝かしつけるまでそばにいるようにするなど対処します。


スポンサーリンク