2歳 夜泣き 突然

2歳で突然夜泣きがある原因として考えられること


2歳の赤ちゃんが突然夜泣きが始まる原因と対策について説明していきます。

 

赤ちゃんが産まれると大抵の場合は夜泣きに悩まされる事が殆どですが、特に新生児期の夜泣きの場合には大体おっぱいが欲しくて泣いている場合が多いです。
そして成長と共に段々と自分で意思表示するようになってくるので、母親はその時々に応じてそうした意志をくみ取って対応する必要がありますが、例えば2歳の乳幼児期になり突然の夜泣きの場合には、急な発熱であったり内疾患による痛みからおきている場合があるのできちんと調べて対処する必要があります。
特に流行性の乳幼児期特有の疾患の場合には、突発性の高熱や湿疹、下痢や嘔吐を伴うものもあり中々気が抜けませんが緊急を要する場合には直ぐにかかりつけの病院に相談する必要があります。
しかし、新生児期や乳幼児期はこうした症状はよくおこりやすく有る程度免疫が出来るまでは、こうした症状はよく見られる場合があります。


スポンサーリンク


前述したような事例以外にも、乳幼児期になってくると怖い夢を見て夜中に突然泣き出したりすることもあるので、あまりにも神経過敏な乳幼児の場合には就寝前にあまり驚かさないようにしたり、怖いテレビを見せないようにする工夫も必要になってきます。
また就寝前にあまりきつく叱ったりするとその影響で夜泣きをする場合があるので、出来るだけ悪さをしてもインパクトが強すぎるような叱りかたはせず諭すような叱りかたを心掛けるとそうした場面に出くわすことも少ないです。
特に二歳になってくると様々な想像力も発達してくるので、出来るだけリラックスできる状態で就寝させてあげると安心して眠りにつくことができます。
しかし、そうした事も思い当たらずに突然夜泣きをしたりする場合にはしっかりと注意をはらって確認することがとても大切で、病気の早期発見に繋がっていきます。


スポンサーリンク